ふくなが接骨院 0568-59-5033

ふくなが接骨院 受付時間

ふくなが接骨院までのアクセス

スタッフブログ

筋トレをして、膝の痛みをとる方法とは。春日井市

筋トレをして、膝の痛みをとる方法とは。春日井市

当院では、たまにこんな質問をお受けします。

 

「筋トレすれば、膝の痛みの改善や予防はできるんですか?」

 

筋トレをする精神は非常に素晴らしいです!!

しかし、それが痛みの改善に必ず直結してくるわけではありません…

手術や長期的な固定で筋力低下が起きてしまっている場合は別ですが、膝に痛みが出るということが必ずしも「筋力低下が原因」とは言い切れないからです!

膝の痛みを引き起こす原因として考えられるものはいくつかあります。

「膝の痛みがなぜ起こってしまうのか」

「なぜ筋トレのみでは膝の痛みを取るのは難しいのか」

今回のブログでは、このような内容に関して詳しく説明させていただきますので膝に痛みがある方は、参考にしてみてください♪

 

まず、膝の痛みはなぜ起こるのでしょうか?

怪我を除く膝の痛みの場合、主に下記の2つが原因として考えられます。

 

◎本来動かせないといけない膝の動きに制限がかかっている

要するに、「関節の動きが悪い」ということです。

関節の動きが悪いと、歩くなどの動作で余計な負担が膝に加わります。

その結果、負担が限界を超えた時に痛みを引き起こしてしまうのです。

スポーツをされている方で、

最初は痛くないが、スポーツをしていると途中から膝の痛みが出現してくる」

という経験はないでしょうか?

まさにこれです!!

こういった場合は、膝周辺の筋力を強化する以前に、関節の動きを改善する必要があります。

また、「関節はしっかり動くけどなー」とおっしゃる方でも実際に動きが制限されている場合はよくあります。

膝痛を訴える方の多くがこのような原因により痛みが発生しており、主に変形性膝関節症などで膝が上手く曲げられない方や膝周囲の組織が硬い方によく見られます。

 

 

◎本来動きが制限されるはずの膝の動きに制限がかかってない

要するに、「膝が動き過ぎている」ということです。

膝には、靭帯と呼ばれる関節の動きを制限してくれるゴムバンドのような組織が存在します。

靭帯を大きく損傷してしまうと、靭帯の組織に緩みができてしまう場合があります。

そうなってくると、膝の動きの制限がかかりにくくなり、安定性が悪くなります。

この状態で運動を行うことで関節の負担が増え、痛みにつながります。

一度緩くなってしまった靭帯は、基本的には自然に元に戻ることはありません。

そのため、靭帯を補強するために、周囲の筋力の強化が必要になります。

大きな膝の怪我をされた後に

「走っているときに、急に力が抜けてしまうことがある、膝崩れしてしまう」

という方は要注意です!

 

 

もちろん、例外も存在しますが当院に慢性的な膝の痛みで来院される患者様のほとんどがどちらかの原因に該当する場合が多いです!

 

 

さて、これまでの内容を踏まえて最初の質問に戻ってみましょう!

「筋トレをして膝の痛みをとる方法とは?」

          

「筋トレ以前に、原因究明が大事!」

とご理解頂けたと思います♪

 

膝の痛みがある場合の無理な筋トレは、痛みの悪化を招く場合もありますのでご注意ください!

 

それでは、膝の痛みを改善するためにまず何が必要か?

「何が原因で痛みが出現しているか?」を見つけ出すことが大切です!

ただ、自分で見つけるのってかなりハードル高いですよね…

当院では、膝のどこに問題があるのかをしっかりと評価し、それに基づいた施術をさせていただきます!

お困りでしたらぜひ当院にご相談ください♪

 

 

▼ふくなが接骨院公式サイトTOP

 

▼春日井市ふくなが接骨院へのアクセス

 

▼ふくなが接骨院の交通事故専門サイトはこちら

 

▼症状別メニュー「変形性膝関節症」

 

▼症状別メニュー「肉離れ・捻挫」

お問い合わせはこちら

ふくなが接骨院

0568-89-5033

住所
〒486-0825
愛知県春日井市中央通1丁目100番地 オルト春日井1F
最寄駅
JR春日井駅徒歩3分

受付時間

※土曜日午後のみ16:00~18:00まで
ふくなが接骨院では、午前・午後の部ともに完全予約制となっております。おひとりおひとり丁寧に施術させていただいておりますので、ご予約のうえご来院ください。尚、ご予約はお電話でお願いいたします。