ふくなが接骨院 0568-59-5033

ふくなが接骨院 受付時間

ふくなが接骨院までのアクセス

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰に痛みがないが、足にしびれがある
  • 足の側面がしびれている
  • お尻の周囲が熱くなる
  • 歩いているとしびれがひどくなる
  • 前かがみになると、痛みやしびれが楽になる

脊柱管狭窄症になる原因とは?|ふくなが接骨院

脊柱管狭窄症で起こる症状としては、足のしびれや痛みがあります。太ももからふくらはぎ、すねの部分にしびれや痛みが発生し、中には腰痛が起きる場合もあります。

その他に、歩いていると足のしびれや痛みが激しく歩けなくなるが、前かがみになって休むと楽になり、また歩けるようになるいった症状を繰り返すことがあります。

これは間欠性跛行(かんけつせいはこう)といい、脊柱管狭窄症の方に現れる特徴的な症状です。

脊柱管狭窄症とは、腰の部分の椎骨の脊柱管が狭くなり、その中を通る神経が圧迫されて、腰痛だけでなく下半身のしびれや痛みなどが起こる病気です。

主な原因は、加齢による身体の使いすぎ、筋力低下、普段の姿勢の悪さです。脊柱管狭窄症と診断されるケースは数多くあり、中には手術しなければならない状態になることも少なくないので、早めの治療が必要です。

脊柱管狭窄症のタイプは2つあります。1つは神経根型で、もう1つは馬尾神経型です。

神経根型とは、骨の中にある神経根が、脊柱や靭帯に圧迫されて、痛みやしびれが起こっている状態です。

馬尾神経型とは、脊柱管を通る神経の束で、馬尾から分かれた神経は、両足に伸びています。なので、馬尾が圧迫されると両足にしびれが起こります。

また、馬尾は膀胱の機能も調節しているので、症状が進行すると排尿障害が現れたり、寝たきりになったりする可能性もあります。

中高年の方々の中には、軽い運動が原因で起こってしまう病気なので要注意です。

当院の脊柱管狭窄症の施術方法|ふくなが接骨院

一度、脊柱管狭窄症になってしまったら、うまく付き合っていく方法をみつけることが重要です。例えば、高血圧や糖尿病などの内科的な疾患がそうであるように、脊柱管狭窄症をうまく管理してお付き合いをしていくという考え方で施術をすすめていきます。

脊柱管狭窄症の治療は、まずは骨盤の調整、骨格矯正、筋膜調整、ハイボルテージ、特殊なEMSを用いて痛みやしびれの改善をはかります。

ただし、痛みやしびれが改善しただけでは、一過性の状態と言わざるを得ず、同じ様な痛みを繰り返してしまいます。脊柱管狭窄症による痛みを繰り返さないためには、骨格、筋肉、靱帯の柔軟性の向上、正しい姿勢をつくるために、特に体幹の筋力強化が重要となってきます。

特に脊柱管狭窄症を再発させないためには、姿勢の改善が必須となります。

骨盤や骨格を整えても正常な筋力(体幹力)が養われていないと、背骨の正常なS字カーブも保てなくなり、姿勢がくずれて痛みやしびれの再発をくりかえします。

ですので、脊柱管狭窄症の改善には姿勢の矯正と体幹のインナーマッスルの強化が必要となります。

当院では、体幹のインナーマッスルの強化をはかる目的でご自宅でもできる体幹トレーニング指導と、楽トレというEMSでのトレーニングをおすすめしています。楽トレは30分寝ているだけで、腹筋9000回分に相当する刺激を体幹のインナーマッスルに与えてくれます。効率よく、効果的に体幹力をアップさせたい方におすすめです。

ふくなが接骨院では、脊柱管狭窄症の根本的な改善にかかる施術期間を一般的な症状だと1~3ヶ月ほどでワンクールとして考えていただいております。

あまりにも症状が強く、医師の診断、治療などが必要と思われる場合は、提携先の専門の医療機関への紹介も行ないます。

脊柱管狭窄症になっても、うまく手入れをしていけば、日常生活に支障なく過ごしていけます。脊柱管狭窄症、足の痛みやしびれでお悩みの方は、ふくなが接骨院までご相談ください。

お問い合わせはこちら

ふくなが接骨院

0568-89-5033

住所
〒486-0825
愛知県春日井市中央通1丁目100番地 オルト春日井1F
最寄駅
JR春日井駅徒歩3分

受付時間

※土曜日午後のみ16:00~18:00まで
ふくなが接骨院では、午前・午後の部ともに完全予約制となっております。おひとりおひとり丁寧に施術させていただいておりますので、ご予約のうえご来院ください。尚、ご予約はお電話でお願いいたします。