ふくなが接骨院 0568-59-5033

ふくなが接骨院 受付時間

ふくなが接骨院までのアクセス

手のしびれ

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 首を傾けると、背中や腕にしびれや痛みが走る
  • デスクワークの姿勢を取ると、しびれや痛みがある
  • 指先がしびれて感覚がほとんどない
  • 病院でしびれの治療を受けているのに治らない

手のしびれになる原因とは?|ふくなが接骨院

手のしびれの原因としては以下の4つが上げられます。

① 脳
② 脊椎
③ 抹消神経
④ 内科的疾患

当院では②脊椎、③末梢神経 に起因する疾患を扱います。

手のしびれの種類とは?|ふくなが接骨院

手のしびれになる疾患には、大きく分けて4つあります。

①頸椎ヘルニア 
②胸郭出口症候群
③円回内筋症候群
④手根管症候群

の4つです。

①頸椎ヘルニア
頸椎ヘルニアとは頸椎(首にある7つの骨)の間にある、クッションの役割をしている椎間板という組織が外に出てしまっている状態のことを言います。

原因は様々ですが、加齢による椎間板の弱化、筋力低下、仕事やスポーツによる疲労の蓄積、姿勢が悪いことが原因になっているケースが多いです。

主な症状としては首の痛み、ひどい肩こり、手のしびれ、痛み、首の可動域が狭くなるということが挙げられます。

②胸郭出口症候群
胸郭出口症候群とは、脊髄から首、肩、腕へと繋がっていく、腕神経叢(わんしんけいそう)と言われる神経の束が、何かしらの原因で圧迫、閉塞する事により首、肩、腕にかけて痛みや、しびれなどを引き起こすものです。

原因としては、普段、長時間のPC作業をしていること、手を前に出しながら腕力を使う仕事をしていること、姿勢が悪いこと、スマホ、タブレットの使用が多いことなどが挙げられます。

症状は、ひどい肩こりや、肩や腕の痛みやしびれ、手指の感覚がおかしい、首を動かすと痛みやしびれが起きることなどが特徴になります

③円回内筋症候群
円回内筋症候群とは、簡単に言うと肘周囲の筋肉を動かしている神経が、何かしらの原因で圧迫されている状態です。肘周囲に円回内筋といわれる筋肉があります。円回内筋はドアノブを内側に回す時などに使う筋肉です。この神経が圧迫されると、しびれや痛みを引き起こします。

原因としては、仕事やスポーツで腕を酷使していることが多いです。それ以外にも長時間のPC作業などが挙げられます。主な症状としては、肘が伸ばしにくくなる、指や手の平がしびれる、箸やペンがうまく掴めない、ボタンをかけにくい、ドアノブがうまく回せない、腕を内側に回せないなど、様々です。

④手根管症候群
手根管症候群とは、手のひらの神経が、手根管といわれる管によって圧迫されることによって、手のひらの痛みやしびれが起きるものです。産前産後の女性や、更年期の女性に多く見られ、原因はホルモンの乱れによるものだといわれています。

主な症状としては、親指、人差し指、中指のしびれ、親指の付け根が痩せてくる、明け方に症状が悪化する、OKサインがしにくくなる、細かい物がつまめなくなるなどです。

当院の手のしびれの施術方法|ふくなが接骨院

上記の通り、手のしびれの原因となる疾患は様々であり、症状の進行度によって人それぞれ治療方法は大きく変わっていきます。

なのでまずは問診、触診を行い、何が原因なのかを特定し、進行度を把握します。そして当院の治療技術を使い、それぞれに合った治療を提案、施術を行っていきます。

当院では、マッサージや骨盤矯正、骨格矯正などの手技や、電気治療、ハイボルテージ治療などの機械治療で、痛みを軽減させていきます。

痛みが取れた後も再発の恐れがあるので、骨盤矯正、骨格矯正、当院の体幹トレーニングなどでインナーマッスルを鍛え、再発防止を目指していきます。

当院のインナーマッスルのトレーニング方法として、楽トレというEMSでのトレーニングをおすすめしています。楽トレは30分寝ているだけで、腹筋9000回分に相当する刺激を体幹のインナーマッスルに与えてくれます。効率よく、効果的に体幹力をアップさせたい方におすすめです。

あまりにも症状が強く、医師の診断、治療などが必要と思われる場合は、提携先の専門の医療機関への紹介も行ないます。手のしびれでお悩みの方は、ふくなが接骨院までご相談ください

お問い合わせはこちら

ふくなが接骨院

0568-89-5033

住所
〒486-0825
愛知県春日井市中央通1丁目100番地 オルト春日井1F
最寄駅
JR春日井駅徒歩3分

受付時間

※土曜日午後のみ16:00~18:00まで
ふくなが接骨院では、午前・午後の部ともに完全予約制となっております。おひとりおひとり丁寧に施術させていただいておりますので、ご予約のうえご来院ください。尚、ご予約はお電話でお願いいたします。